history

 

黒板の歴史

黒板の原点は、ホーンブックだと言われています。これは、16世紀頃にヨーロッパで子供たちの学習に用いられた用具で、字を書いた紙を板に貼り、透明な薄板で覆われたものでした。

わが国には、明治の初めにアメリカから持ち込まれましたがアメリカには1810年代にフランスから伝わりました。黒板の機能に目をつけたのは、ウエストポイント陸軍士官学校の教官たちで、中でも軍事工学を教えていたクローゼ教授が黒板を活用したと言われます。この黒板とチョークを使った教育方法は効果をあげ評判になりました。

teacher日本で黒板が使われ始めたのは、教育制度が整備されだした明治初期で、大学南校(現在の東京大学)の教師であったアメリカ人のスコットが、当時のアメリカで実践されていたり学校教育のシステムを伝授するため、教科書や教育機器を取り寄せた中に黒板・チョークがありました。
当時では1.2m角が、タテ0.9m×横1.5m程度のスタンド型のものが正面に据えられていたのみで、今と比べるとかなり小さいものでした。

大正時代に入ると、生徒の自主性を養うために、生徒にも黒板に筆記させようという考え方が生まれ、次第に黒板は大型化し、正面と背面のそれぞれに固定されるようになりました。

現在JIS規格による素材別の黒板の種類は、次の4種類があります。

木製黒板

mokusei-kokuban純木製と半木製の2種があります。半木製というのは、スチール・繊維・木材のコンビネーションによる、それぞれの特性を生かしたもので高級品です。純木製は、柔らかい味があるのが特徴で、広く使われています。
以前は、素材に杉板が使われていましたが、反りや耐久性の問題から昭和30年には全てベニヤ板に変わっています。

スチール黒板

steel-kokuban

事務所内のデスクやキャビネットがスチール化するにつれて、その要求の中から生まれた黒板です。初めのうちは、表面の光の反射で左右斜めから書かれた文字などが見えにくいという欠点がありましたが、今では、ハレーションを防ぐことができるようになりました。
また、スチールに当たるチョークの音を柔らかくするために、裏面に板を張るなどの工夫もこらされています。マグネットが使えるのが特長です。

ホーロー黒板(チョーク用・マーカー用)

鋼板に下引きホーローをかけ、その上に上引きをし、特殊加工によって表面にざらつきを持たせるよう仕上げたもので、チョークやマーカーのつきや落ちがきわめて良いのが特長です。また、絵の具や水生ペンでの筆記もできます。

プラスチック黒板(チョーク用・マーカー用)

合板、繊維板、鋼板などの地板に、プラスチック黒板用表面材を塗布したもので、チョークはもちろんマーカー等でも筆記できます。表面材には、硬質、軟質とがあり、いずれも表面はチョークやマーカーののりが良くなりました。

日本に持ち込まれた当初の黒板は、石粉とススを漆でねって地板にヘラ付けし、砥石でといで、柿シブで仕上げられたものでした。終戦後、漆の入手が困難になると、その代用として、いわゆる黒板用塗料が開発されました。昭和30年代のことで、これらはとぎ出し黒板と呼ばれました。
40年代に入ると、スチール黒板が登場します。マグネットの使用が可能ということで、急速に普及していきました。やがて、塗料を焼き付けたスチール黒板が開発され、それが現在の主流となっています。一方、耐久性に優れたホーロー黒板が40年代の初めに登場しました。それがホワイトボードと結びついていきます。

昭和41年にホワイトボードの第1号が登場しました。ポリエチレン系の樹脂で表面をコーティングしたもので、画期的なものでしたが、キズがつきやすい、静電気を帯びて汚れやすい、などの欠点が指摘され、生産中止となりました。
アイデアが画期的であったがゆえに、研究がすすめられ、ホーロー鋼鈑を採用することで、昭和43年に第2号が誕生しました。
ホーローとは、七宝焼きと同じ原理で鉄やアルミの表面にガラス質のコーティングを施すことです。

そのホーローが、黒板やホワイトボードにむいている理由は大きく分けて3つあります。

  1. マーカーのインキが浸み込まず、不浸透であること。これにより、消去が簡単にできる。
  2. 溶剤や薬品に侵されない、化学的に安定した表面を持っていること。
  3. キズのつきにくい、硬い表面を持っていること。

raised handsホワイトボードは、今やオフィスの必需品ともいえるほど普及しているのです。
では、教育現場の学校ではどうでしょうか。
残念ながら普通の教室には、昔ながらの黒板が圧倒的に多いのです。
利用されているのは、技術や家庭科、美術、コンピュータなどの特別教室に限られているようです。
その理由は、ホワイトボードは黒板に比べ光を反射しやすいため、生徒の席によっては見にくくなります。
一方、特別教室は、その科目により、家庭科ならチョークの粉が飛び散ると困るから、マーカー使用のホワイトボード。また、技術や美術など、きめ細かい表現を伝えなければいけない時は、黒板ではなく白いホワイトボードで、となるわけです。

学習塾にはホワイトボードが多いと聞きます。その理由は、「ここは学校ではないという意識を強調するため」だという理由だそうです。
また、暗い明るいといった色感もあるのでしょう。
いずれにしても、流れはホワイトボードに向いているのです。

ちなみに、耐久性について触れておくと、木製黒板は3~5年、スチールが約10年であるのに対して、ホーローは20年以上。
それも、メンテナンスさえよければほぼ半永久と考えられています。

チョークの歴史

fig-02チョークは、白墨の原料である「白亜」(はくあ又ははくあくという)のことで、俗にいう石灰岩です。恐竜が生息していた1億4千万年前から6千4百万年前を白亜紀とよんでおり、白亜は、この頃形成された地層から産出されます。
白亜の主要原産地はイギリスです。イギリス海岸沿いには白亜層が分布しており、ここで産出された白亜が、古くからヨーロッパの建物にみられる白壁の材料として使われていました。白壁の建物は優雅な風情をもち、白亜の殿堂などといわれています。
貴族の城として紹介される美しい建物は、こうして作られているのです。
このような歴史から、イギリスでは白亜で石などの固いもののうえに線が引けるということが、かなり以前から知られていました。
これが、筆記具としての使いやすさを考え、しだいに簡単な加工が施されるようになりました。
フランスでは、石膏の粉末を焼いて水にとかし、型にはめて棒状に固めたものが生まれました。これが現在、チョークと呼ばれているものの元祖と思われます。

明治6年に大阪の雑貨商の手によって、チョークがはじめて輸入されました。
明治8年、初の国産チョークが完成されました。
当時の製法は、七輪で石膏を焼き、それを金槌で砕き、摺鉢でさらに細かくしながら水と混ぜ合わせたのち、1本1本の錫製の型に流し込んで製造されていました。

fig-03明治34年、国産の石膏と製法による純国産チョークが誕生しました。
製法は、原料である石膏に細かく砕いた石膏で作られた型屑を混ぜ合わせ大きな釜で炒ります。出来あがったものに水を加え、程よく泥状になったところで、割型と呼ばれる型に流し込み、数分後凝固を見はからい取り出されます。
こうして出来たチョークは乾燥棚に並べられ、自然乾燥させるのです。ちょうどタイ焼を作るような要領で行われ、割型加工方式の採用で量産化がすすみました。

更に製造方法も改良が加えられ、割型加工方式に対し流込一括抜取方式というものが考えだされました。
この製造方式は円筒形の型に流し込んで固め、抜き取る方法で、現在にいたる製法です。
現在のチョークをよく見ると、根本が細く、先端に向かってやや太くなっていますが、これは抜き取りのしやすさを考えてあるからです。

店長!ちょっと教えて!

ちょっとした質問などお気軽にどうぞ。
定休日・平日16時以降のお問い合わせは、
翌営業日に回答します。ご了承ください。


お問い合わせありがとうございます。

お問い合わせ内容を送信しました。
ご記入のメールアドレスに自動返信メールをお送りしましたので、必ずご確認ください。

定休日・平日16時以降のお問い合わせは
翌営業日に回答します。ご了承ください。